プリズン・ブレイク

グリーンスムージーダイエットの方法は?効果は?痩せるために!

ダイエットの一つの方法として人気が高いのが【グリーンスムージーダイエット】です。

レディガガさんやミランダ・カーさんなど海外の女優さんが愛用していることで人気になり、

国内でも優香さん、SHIHOさん、今井華さん、森貴美子さん、道端ジェシカさん、菅谷哲也さんなど、芸能人で実践している人も多く、

美容や便秘解消にもイイ!という口コミも沢山あります。

『それは知ってるけど、具体的にどういうものなの?やり方は?』

そこでグリーンスムージーダイエットをより効果的にするための方法についてまとめました!

そもそもグリーンスムージーとは?

グリーンスムージーは元々ヴィクトリア・ブーテンコという人が発祥した健康のための飲み物です。

野菜はビタミンA、B群、C、D、E、ミネラル、食物繊維、必須アミノ酸など女性に嬉しい栄養素が豊富です。

スムージーでは生の野菜や果物をミキサーで粉砕することで、繊維や栄養素の細胞壁が細かくなるため、効率的に栄養素を吸収・消化しやすいのが特徴です。

 

ホットスムージーを除き加熱処理もせず、水と一緒に飲むため、水溶性ビタミンのような加熱や水に溶けてしまうビタミンもちゃんと摂取できるんですね♪

手間も野菜の料理を作るよりずっとラクなので、忙しい人にもうってつけで、

実際肌荒れや便秘、むくみ、生活習慣病などがグリーンスムージーを始めてから改善されたという人が多く、ここまで人気になりました。

じゃあダイエットとして効果はあるの?

美容と健康のために提案されたグリーンスムージーですが、日本に来てからはダイエット方法として人気がでました。

これはカロリーも低く栄養バランスがとりやすいので、

一食グリーンスムージーだけにする置き換えダイエットをすることで、体重の減量をしやすいからです。

実際6か月で57.5㎏減のダイエットに成功した人もいるほどで、その効果の高さがわかります。

食事制限ダイエットは間違うと栄養バランスが崩れ、結果不健康や美容の問題が出やすいのですが、

グリーンスムージーはそういったリスクがとても低いダイエット法になります。

但し即効性は無い!ゆっくりと長期間続けることが大切!

グリーンスムージーの基本はゆっくりと身体の中からキレイにしていくのが基本です。

栄養バランスを整え、老廃物の排出を促すアンチエイジング効果によって、

結果的に代謝が良くなり、ダイエットや美容効果が得られるんですね。

 

なので、とにかくすぐに痩せたい!という人には向かないかもしれません。

食事を置き換えるので一時的に痩せるかもしれませんが、そこで油断してやめてしまうと、

結局体重が元通り・・・なんてリバウンドしてしまうことも(泣)

 

グリーンスムージーは脂肪やコレステロール吸収を抑える食物繊維、

筋肉を強化し基礎代謝をUPさせるミネラルやその働きを助けるビタミンB群、ポリフェノールも豊富なので、

脂肪が減少し筋肉が増える【太り難い身体】に変えていくことができる方法。

焦らずじっくりと取り組むのがポイントになります。

このほかにも朝と夜どちらに置き換えるのが良いか?飲む量は回数は?など、

グリーンスムージーを効果的に摂取する方法があるので参考にしてみてくださいね。

具体的にどうやって実践していけばいいの?

グリーンスムージーには基本的なレシピ構成があります。

水、グリーン野菜、果物、アクセント食材の4つの配分によってつくります。

基本は繊維質を細かく粉砕できるミキサーを使用し、他の食事はとらずグリーンスムージー単体で摂取します。

配分によって飲みやすさも変わりますし、野菜ではグリーンスムージーに向かないものがありますので注意が必要。

グリーンスムージーの基本的な作り方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね♪

グリーンスムージーは青汁や酵素ドリンク、野菜ジュースと何が違う?

グリーンスムージーの内容がわかると、『あれ?今までに似たような方法なかった?』と思う人もいるかもしれません。

青汁との一番の違いは飲みやすさと青臭さ!

同じグリーン野菜を中心とした飲み物で有名なのが青汁ですね。

青汁が日本版、グリーンスムージーが海外版といったところでしょうか。

基本はグリーン野菜の栄養をそのまま摂取することが目的なのは同じです。

但し、青汁は果物は使用ぜずグリーン野菜しか使わないため、飲みにくいことで有名です。

グリーンスムージーは果物を加えるため、非常に飲みやすく配分によっては野菜!という感じもしません。

また青汁は青臭さが強いですが、スムージーは比較的抑えられています。

加えて、青汁は決められたレシピですが、グリーンスムージーのレシピは豊富で自分でアレンジしやすいので、

スムージーは自分の味やニオイの好みにあったものが作りやすいのも利点です。(飲みやすいグリーンスムージーの基本ポイント

青汁も最近は飲みやすさやニオイを改良したものがありますが、その場合人工の甘味料などを加えているので、

栄養吸収が落ちる可能性があります。

酵素ドリンクとの違いは空腹感!

同じ置き換えダイエットとして人気なのが酵素ドリンクです。

酵素とは体内に入った食べ物を消化・分解・代謝させる重要な要素で、野菜などから摂取することが可能です。

グリーンスムージーはこの酵素をそのまま摂取するのに対し、

酵素ドリンクは食材から抽出し発酵させた食品という違いがあります。

ですが一番の違いは空腹感。酵素ドリンクダイエットの失敗した人で多いのが「空腹に負けた」なんです。

酵素ドリンクは摂取量も決められており、液体なので満腹感が感じにくいからでしょう。

対してグリーンスムージーは飲むよりも食べるという感覚が強く、

1日に1リットルは飲んでも良いとされているので、かなり満腹感を得やすいんです♪

また満腹感を得やすい食感を得やすいスムージーの作り方もあるので、より続けやすいといえるでしょう。

野菜ジュースとの違いは栄養吸収率!

グリーンスムージーは【なるべく余計なものを加えないで野菜や果物の栄養を摂取する】ことに重点を置いた方法です。

対して野菜ジュースは飲みやすさと保存を配慮したものが多いです。

そのため、製造工程で加熱や殺菌処理をしたり、保存料や着色料、人工甘味料など食品添加物が沢山含まれています。

製造工程で栄養素が失われ、食品添加物によって栄養吸収がブロックされやすいため、

同じ量を飲んだ時の身体への影響が違ってきます。

また酵素ドリンクと同様満腹感を得にくく、置き換えでなく補助が目的ですのでカロリー減量も難しいです。

グリーンスムージーのコストはどうなの?

自分でスムージーを作る場合、グリーンスムージーダイエットは決して安くは無いといえるでしょう。

例えばグリーン野菜にしても例えばほうれん草だと2束、小松菜1/2パックなど1回で結構な量を使います。

そのほかに果物やアクセント食材などを含めると1回500~1000円くらいのコストになることも。

また基本作り置きは推奨されていないので、野菜や果物の保存にも気を使う必要があり大変です。

青汁や酵素ドリンクなども同様で自分で作るとかなりの費用と手間がかかります。

なので粉末タイプの青汁や酵素ドリンクが人気なんです。

実はグリーンスムージーもこうした要望を反映して、粉末タイプのスムージーも沢山登場しています♪

粉末タイプなら手間とお金をかけず、気軽にダイエット♪

粉末タイプ利点は、まず費用が安いことです。

通常価格で1ヵ月2,000~3,000円程度。

粉末青汁が3,000円~6,000円、酵素ドリンクも3,000~5,000円が相場なので、グリーンスムージーはよりお手軽です。

さらに野菜を用意する必要もなく、常温保存可能なので管理がとってもラク♪

水に混ぜて飲むだけなので、野菜の下ごしらえやミキサーを洗う手間もありません。

自分で生の野菜を摂取するよりは栄養価が落ちてしまいますが、

それでも沢山の野菜の栄養素が豊富に含まれているので、美容効果も高く、

なんといってもカロリー計算をされているものが多いので、ダイエット効果も高いんです♪

粉末タイプのグリーンスムージーについてはこちらも参考にしてみてくださいね。

サブコンテンツ

粉末スムージー

このページの先頭へ