むくみに良いグリーンスムージーの作り方ポイント

お酒を飲み過ぎた翌朝は顏がむくんでいる、夕方になると手足がむくむなど、むくみに悩まされている女性って多いですよね。むくみは、塩分や水分の過剰摂取、筋力の低下、冷え症、長時間同じ姿勢を続けることなどにより起こります。一過性のむくみは、スムージーで解消しましょう。

ただし、むくみには一過性のものと病気からくるものがあります。なかなかむくみが取れないという場合には、スムージーだけで解決しようとせずに、病院でしっかりと検査をしてもらうことをおすすめします。

むくみに良い栄養素と食材は?

むくみの解消と言えば、カリウムが知られていますが、ビタミンEやクエン酸にもむくみを解消する効果があります。

カリウム

カリウムには、摂り過ぎた塩分を汗や尿として体外へ排出する働きがありますが、同時にカリウムも排出されています。日ごろから塩分を摂り過ぎていると、体内のカリウムが不足するため、体は塩分濃度を下げようと水分を欲するようになります。これが塩分の過剰摂取によるむくみの正体です。体内にカリウムが十分にあればむくむことはないため、むくみやすい人はカリウムを積極的に摂取しましょう。

健康な人は、カリウムを摂り過ぎても尿と一緒に排出されますが、腎臓が弱っているとうまく排出できないため、摂り過ぎには注意しましょう。

カリウムを豊富に含む食材

明日葉、ほうれん草、モロヘイヤ、パセリ、アボカド、バナナ、スイカなど

ビタミンE

ビタミンEには、体内で増えすぎた活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。この働きにより血管が健康に保たれるため、全身の血行が改善されむくみの解消効果が期待できます。

ビタミンEを豊富に含む食材

モロヘイヤ、かぼちゃ、ほうれん草、赤カプリか、ゆず、大葉、アボカドなど

クエン酸

疲労回復効果があることで知られるクエン酸には、血液をサラサラにする効果があるため、血液やリンパの流れが改善されます。これらが改善することにより、むくみの解消にも繋がります。

クエン酸を豊富に含む食材

レモン、グレープフルーツ、いちご、パイナップル、キウイ、梅干など

むくみに良いスムージーおすすめレシピ

一過性のむくみには、アボカドや赤パプリカ、レモンなどを使ったスムージーがおすすめです。

アボカドのスムージー

アボカドには、カリウムやビタミンEのほか、抗酸化成分も含まれているため、むくみの解消にピッタリ!パイナップルやヨーグルトドリンク、レモンにはクエン酸が含まれているので、効率良くむくみを解消したいときにおすすめです。

材料(1人分)
  • アボカド 1/2個
  • パイナップル 100g
  • ヨーグルトドリンク 100ml
  • レモン汁 小さじ1/2
  • はちみつ 小さじ1

パイナップルは皮と芯をアボカドは種と皮を取り除き、2~3cm角に切りましょう。

レモンのスムージー

レモンには、クエン酸のほかに豊富なビタミンCが含まれています。ビタミンCは、体の中で酵素を活性化させるため、疲労回復に有効な栄養素です。クレソンにはエネルギー生産に欠かせないビタミンB群が含まれているので、疲れからくるむくみにも効果的!

材料(1L分)
  • レモン 1/4個
  • パパイヤ 1個
  • クレソン 30g
  • 水 1カップ

レモンは黄色い皮をむき、半分に切って中の種を取り出して使うと、口当たりが良くなります。

スパイシーホットスムージー

赤パプリカやアボカドには、むくみ解消効果のあるビタミンEが豊富に含まれています。セロリは、独特の香りがあるので、好き嫌いが分かれる野菜ですが、この香りにはリラックス作用があります。β-カロテンも豊富に含まれているので、風邪予防にもおすすめです。

材料(1人分)
  • 赤パプリカ 1/2個
  • アボカド 1/8個
  • セロリ 1/2本
  • アカザ 1/4束
  • ハラペーニョ 少量
  • 水 1/4カップ

アカザを手に入れるのは困難なので、ほうれん草や大葉、モロヘイヤなど、手に入りやすい食材に置き換えるのもおすすめです。ハラペーニョはとても辛いので、入れ過ぎには注意しましょう。

 

サブコンテンツ

粉末スムージー

このページの先頭へ